住谷杏奈が起こしたバターロール事件とは?どこのパン屋?石鹸が販売中止?

スポンサーリンク

今回は、お笑いコンビ・レイザーラモンのHG(ハードゲイ)こと住谷正樹さんの妻で、起業家の住谷杏奈さんについての記事をご紹介します。

住谷杏奈は炎上がお好き?!

 

住谷杏奈さんと言えば、あのバターロール事件でしょう。この事件がきっかけで炎上タレントとも言われるように…。住谷杏奈さんを一躍有名にしたバターロール事件についてまとめました。

バターロール事件とは?

 

2008年12月7日、住谷杏奈はブログで以下のように投稿。

「今日は早くに目が覚めたので、バターロールを作りました。今回は、溶き卵もばっちり塗って、主人もパンのいい香りでノリノリで起きてきました!」

しかし、これはどう見ても既製品のロールパン。住谷のブログを見た読者からは「嘘つき!」「既製品だ!」「わかりやすい嘘をつくなんてショック」と言った声が多数よせられ、ブログが炎上する騒ぎに。

私もリアルタイムで読んでいたのですが、「きれいなロールパンだな」くらいにしか思っていませんでした。でも!しっかり見ている読者の目はふしあなではなかったのですねぇ。

2008年あたりは芸能人ブログが大流行していた時期。
芸能人の記事に対して辛辣なコメントをする読者が増え、そのことが原因でブログを閉鎖したり、限定記事にする芸能人が増えました。
でも、嘘の記事はいけませんけどね。

スポンサードリンク

どこのパン屋のバターロール?

 

住谷杏奈さんがブログにアップした写真のバターロールは、読者から「ヤマザキのバターロール」だと断定されました。

住谷杏奈のブログ炎上後、ヤマザキのバターロールをブログにアップする一般人が増え、暫定的にバターロールブームが巻き起こりました。

ブログを読んでいる人の間では、山パンのバターロールが話題になっていた時期。
軽い気持ちでアップしたものが、社会全体からバッシングされることになった住谷杏奈さん。しばらくはブログが怖かったそうです…。

住谷杏奈がバターロール事件の真相告白!

 

 

2017年1月21日の『有吉反省会』(日本テレビ)に住谷杏奈が出演し、9年前にブログで炎上した“バターロール事件”について、真相をカミングアウトしました。

実は既製品だった!

 

「ブログに、バターロールを手づくりしましたってアップしたんですが…、実はヤマザキのバターロールでした。本当に申し訳ございませんでした」と真実を明かして謝罪。

リアルタイムで見ていたのですが、ずっと謝罪したかったようですね。嘘をつき続けるって苦しいもの。9年間の苦しみから解放されてよかったですね。

2013年にも『有吉反省会』からオファーされるも断っていた!

住谷自身に、まだバターロール事件を告白する勇気がなかったのかもしれません。また事務所との兼ね合いもあったのでしょう。

謝罪は早いほうがいいと言いますが…2017年がベストのタイミングだったのでしょう。

夫にも一部始終見られていた!

 

袋からパンを出して、ブログ用の写真も撮っている姿を、夫のHGに一部始終見られていたことも告白。

夫の住谷正樹さんは、「何してるんだろう」くらいの気持ちだったとか。ブログにアップし、嘘がばれて炎上したときは、2人で大反省会したようです。
住谷さん、根は真面目な性格のようなので、バターロール事件のことを、自分のことのように反省したんじゃないかな。

住谷杏奈がビジネスセンスがある?!起業ヒストリー!

 

ブログが炎上したことで一躍有名になった住谷杏奈さんですが、起業家としても知られています。以下にまとめました。

ファッションブランドの立ち上げ

 

2010年、ファッションブランド『still ann…』を立ち上げる。女性らしいフリル、レースを使ったファッションで、若い女性、若いママから人気が高い。

一時期話題となったブランドですが、今は取り扱いをしていないようです。実質的に終了したとも言われています。

石鹸ブランドの立ち上げ

 

2010年、コスメブランド『Food Dream』を立ち上げる。体にいいものを詰め込んだ、オーガニック石鹸として売りだされた。

石鹸の中に食べ物を取り入れた斬新なアイデアで、オーガニック好きな女性たちの間で広まり、すぐにSNSで拡散され話題に。

スポンサードリンク

一つ1980円の石鹸「トマトソープ」「パンプキンソープ」は、初日に6000個売り上げ、製造が追いつかないほどに。

私もこの石鹸が欲しかったのですが、入荷未定であきらめたんですよね。食べ物が入った石鹸は今までなかったので、発想が面白い!
口に入れても安心と言われると、ほしくなりますよね。

石鹸ブランドが販売中止?理由は?

ライバル会社が同じような石鹸を作りはじめ、住谷杏奈のブランドが押され気味になり、売り上げが急落したと言われています。

今は落ち着いていますが、2010年は石鹸ブームでした。大手化粧品会社も黄金の石鹸を販売し始め、徐々に住谷杏奈さんの石鹸の人気がなくなったんですよね。
でも石鹸に目をつけた住谷杏奈さんは、世の中の流れをつかむセンスがありますよね!

ピザ店の立ち上げ

 

2013年、ピザ店「アンティーナ」を立ち上げる。場所は渋谷区代官山で、ママと子供が立ち寄れるお店にした。

ママトークの間、子供たちが遊べるようにキッズスペースを作ったり、トッピングも50種類とオリジナルのピザを作れるよう選択肢を広げた。

だが、基本的な店舗運営に力を入れていなかったため、2年で閉店となった。

ママと子供が一緒に楽しくピザを食べるお店、ということで話題となりましたが…2年で閉店は残念です。

住谷は、ファッションブランドも石鹸ブランドも一時的にブームを作り上げることに成功した。だからピザ店もなんとかなると思ったようですね。
結局ピザ店の赤字で、今までの貯えがなくなったそうです。

これにはびっくり!今までの貯えがゼロになったと住谷杏奈さん自身も語っていたので…。でも完全にゼロではないでしょうね!

住谷杏奈の現在のビジネスは?

 

住谷杏奈の現在のビジネスは、再度コスメに戻っています。
「アンボーテ」というデリケートゾーン専用のボディソープをプロデュース、販売しています。

お値段が約6000円と少し高いのですが、売れ行きは順調のようで、今や年商6億円ともいわれるほどに。このボディソープや今後のプロデュース商品のために、バターロール事件を謝罪したのでしょう。

住谷杏奈さんは、研究熱心とも言われており、コスメプロデュースに関してはかなり努力されたようです。2008年のバターロール事件をきちんと謝罪しなければ、ビジネス運がアップしないと思ったのかな。

芸能人のビジネスは、特に人となりが重要視されます。人はクリーンなイメージの人の商品を買いたくなるもの。
きちんと謝罪したことで好感度がアップし、売り上げアップにつながったのかもしれませんね。

住谷杏奈がビジネスを始めたきっかけは?

 

2006年8月8日に、レイザーラモンHGこと住谷正樹さんと結婚し、同年8月30日にラストDVDを発売し、芸能界を引退した住谷杏奈さん。

当初は、「夫を立てて、完璧な専業主婦として生活したい」と語っていましたが、なぜビジネスを始めたのでしょうか?

夫・レイザーラモンHGのけが

 

2009年7月の『ハッスル』興行で、住谷は左足かかとを粉砕骨折する怪我を負った。
その後、かかとの皮膚が壊死したため皮膚移植手術を受けるなど完治までに約8か月を要し、その間の芸能活動の自粛を余儀なくされた。本人によれば「月給が7000円にまで落ちてしまった」とのこと。

レイザーラモンHGさんは、2005年あたりから腰を激しく振る独特の芸でブレイク。最高月収は一千万とも言われていましたが、けがをしたことでかなり極貧生活に。

このジェットコースターのような人生を経験し、住谷杏奈さんは養ってもらうのではなく、自分が養うくらいの力を持っていたいと考えるようになったそうです。ここからビジネスが始まったようです。

住谷杏奈さんは炎上タレントとも言われていますが、とても生活力のある女性だと感じました。自分がなんとかする!と思う気持ちが男前ですよね。こういう女性は逞しくて憧れます。

住谷杏奈がビジネスを始めて、夫婦逆転!?

 

住谷杏奈がビジネスに成功してからは、夫婦が逆転したそうです。
けがをする前は住谷が亭主関白の夫でしたが、けがの後は、住谷杏奈のかかあ天下になったそうです。
住谷杏奈のビジネス成功のおかげで、住谷はその間に心おきなく治療に専念することができ、芸も磨くことができた。かかあ天下になっても彼はうれしいと思います。

この話、素敵だなぁと感じました。夫婦って何が起こるかわからない。結婚はゴールではなく新たな人生の始まりですからね。住谷杏奈さんはいい妻、いい母、いい女、そしてできた人間だと思います!

お二人とも年々顔つきが優しく、頼もしくなっているように感じます。今後何が起きてもまた乗り越えて見せる、という気概も感じますね。

この記事のまとめ

 

住谷杏奈さんに関する記事はいかがでしたか?

ともすると、バターロール事件ばかり注目されがちですが、実はかなりできた女性の住谷杏奈さん。
今後も女性たちの心と体を美しくするコスメを開発してもらいたいです。

以上、住谷杏奈が起こしたバターロール事件とは?どこのパン屋?石鹸が販売中止?をお伝えしました。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.